和顔施の意味とは?

和顔施の意味とは?

鵜戸神宮の本殿で笛を吹く宮司

おはようございます。

和顔施の影山です。

僕のお店の名前は

和顔施

と言います。

 

読み方は

わがんせ

です。

 

仏教の言葉の中に

「無財の七施」

 

というものがあります。

 

施とは

布施(ふせ)のことです。

ほどこしをすることです。

読経のお礼としてお寺さんにさしあげるのも布施の一つで、そのことだけをさす言葉ではありません。

財持が無くても出来る施しがあります。

これを無財の七施といい、自分自身の善根をみがくように努めたいものです。

その七つの布施とは、

一、眼施(慈眼施)
慈(いつく)しみの眼(まなこ)、優しい目つきですべてに接することである。

二、和顔施(和顔悦色施)(わがんえつしきせ)
いつも和やかに、おだやかな顔つきをもって人に対することである。

三、愛語施(言辞施)
ものやさしい言葉を使うことである。しかし叱るときは厳しく、愛情こもった厳しさが必要である。思いやりのこもった態度と言葉を使うことを言うのである。

四、身施(捨身施)
自分の体で奉仕すること。模範的な行動を、身をもって実践することである。
人のいやがる仕事でもよろこんで、気持ちよく実行することである。

五、心施(心慮施)(しんりょせ)
自分以外のものの為に心を配り、心底から、共に喜んであげられる、ともに悲しむことが出来る、他人が受けた心のキズを、自分のキズのいたみとして感じとれるようになることである。

六、壮座施(そうざせ)
わかり易く云えば、座席を譲(ゆず)ることである。疲れていても、電車の中ではよろこんで席を譲ってあげることを言う。さらには、自分のライバルの為にさえも、自分の地位をゆずっても悔いないでいられること等。

七、房舎施(ぼうしゃせ)
雨や風をしのぐ所を与えること。たとえば、突然の雨にあった時、自分がズブ濡れになりながらも、相手に雨のかからないようにしてやること、思いやりの心を持ってすべての行動をすることである。

以上が無財の七施であるが、すべて仏の立場に立っての慈悲の実践なのです。

この中にある

二番目の施し

これが

和顔施

です。

最初、和顔施を知ったのは

テレビです。

テレビに瀬戸内寂聴が写っていて

「和顔施を広める」活動をして

おられました。

その時の僕は

お店の名前を考えていました。

名前は和名にしようと思っていたのですが

なかなか思いつきません。

そんな時に

瀬戸内寂聴さんの活動を見て

和顔施(わがんせ)

と名付けました。

今となっては

この名前を気に入っています。

この名前をつけるときも

色々と葛藤はありましたが

和顔施とつけて

良かったと思っています。

和顔施の輪が広がると

いいなぁと思っております。

そのためにも僕自身

成長していかなければ

ならないと思っております。

日々、勉強ですね。

 

夢は大きく

踏み出す一歩は

確実に

 

和顔施

影山真一

 

和顔施の経営理念

お客様の喜ぶことを

これでもかっと発想し

「ラッキー」「ツイてる」

と思ってもらい

明日へのエネルギーになるよう

導くことである

 

影山真一の生きるミッション

自分が

行動することによって

みんなと

人生を楽しむことである

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました